トライオートETF

2021年5月トライオートETFの運用成績

前回、ブログったトライオートETFについて、5月の利益が確定したので、ブログにして見ました。

5 トライオートETF運用成績

5月の運用成績ですが、元金は250万円で5/1〜5/31まで運用した結果、以下の通りとなりました。

トライオートETF 5月利益

77,492円(ナスダック100トリプル)

金利等を差し引いても1月7万円は大満足!

今月のナスダック100トリプルは初日の5/3が107.63と高値であったところが、徐々に下がって月の中旬には一時88(約20%減)まで低下しましたが、その後はじわじわと数字を戻して102まで回復していることで、売買回数(約160回の売り)を稼ぐことができました。

株式などは買った時より金額が安くなってしまうと売買による利益は発生しませんが、トライオートETFは設定した範囲で売買を自動で繰り返すので、今回のように一旦ガッと下がってくれた方がポジションを持つことができて利益を得やすくなります。

月利でいうと元金250万円の運用で約77,000円の利益なので約3%の利回りなので、このままの運用成績が続けば年利は約25%(3×12)の予定です。

高配当と言われるアメリカ株式の配当は年間約5%なので、トライオートETFはいかに効率の良い運用方法かがわかると思います。

スポンサーリンク

月利3%のトライオートETFって何!?

トライオートETFとはインヴァスト証券が提供している投資信託を自動売買できるツールです。

取り扱っている商品は日本のインデックス(TOPIX、日経225)や中国株、金や原油、アメリカのインデックス(ナスダック、S&P)など多岐にわたります。

自動売買ツールというとなんだか胡散臭いですが(w)、自分が設定した売買ルールを機械的に繰り返してくれるツールのため、あくまで主導はこちら側です。

しかも、この自動売買ツールは私が働いていても寝ていても子どもと遊んでいても、機械的に全自動で売買をしてくれるので、時間的にもメンタル的にもとても合理的な運用方法なんです。

トライオートについてはこっちに簡単にまとめてあるので良かったら見てください。

▶︎一度設定したらあとは放置でも年利20%超えの高利回りなトライオートEFTについて

今後、注視すべきこと

5月の運用結果におけるトライオートETFは、月利3%の利益を挙げる素晴らしい運用方法ですが、FIREを目的とするなら安定した利益の獲得が必要になります。

その点、トライオートEFTは株式の配当金などに比べると、安定的な利益は得られにくいですが、5月以前も安定して月利2〜3%のパフォーマンスを発揮しています。

今後は、5月の運用成績は約+77,000円が今後も継続できるかが注視するべきところですので、毎月ブログで報告していきたいと思います。

-トライオートETF
-,

© 2021 父ブログ Powered by AFFINGER5