FIRE

資産について

いきなりですか、トマ・ピケティの「21世紀の資本」という書籍を読んだことはありますか?

その中の「r>g」という公式を見て、私はFIREを目指しました。

r>g

rは資本収益率で、株式や不動産で得られる収益。

gは国民所得の成長率で、働いて得られる収益。

難しいことを省くと、「働くより投資の方が儲かる」ってこと。

私は今まで、一般人は定年まで毎日朝から晩まで働いてもそんなに贅沢はできないのに、富裕層は自由な時間を楽しみながら人生を謳歌しているイメージがありました。

その理由はよく分からなかったんですが、この公式の事実を知った時に、なんだか凄く腑に落ちました。

お金はお金持ちに集まる

この世の資本主義は、「お金持ちがよりお金持ちになるシステム」なんです。

でも、多くの一般人はそんなことには興味がなく、ただただ漫然と変化がない日々を過ごせれば良いと考えていて、それもまた格差が広がる影響に繋がる。

もし、あなたが働くこと、生きること、人生で1番大事なものについて何か考えているなら、今まで以上に裕福な生活を与えられる側に早く移ることが必要です。

それも今すぐに。

そこでFIREの登場

でも、投資はある程度まとまった資金がないと十分な効果が期待できないので、平民が富裕層になるために必要とされるのが投資やFIREなんですよね。

特にFIREは投資に比べて再現率が極めて高いので、誰でも簡単に挑戦することができます。

と、いうことで今日のまとめ。

資産の成長率は、r(投資)>g(労働)である。

-FIRE
-,

© 2021 父ブログ Powered by AFFINGER5