FIRE

2児の父親が目指すFIREについて

FIREについて

FIREとは、『Financial Independence / Retire Early 』の略称で、日本語訳では『経済的に自立した早期退職』と言います。

このFIREはアメリカで流行して一大ムーブメントになったのちに、日本でも話題になっています。

FIREが達成された生活とは

FIREは日本語で『経済的に自立した早期退職』と言います。

その名のとおり、通常の定年退職より早くリタイアする事ができて、経済的に不自由のない状況が確立された生活を送ることができます。

しかし、『経済的に不自由の無い状況』=『裕福な悠々自適な生活』ではありません。

身の丈に合った日々の生活を送る上で、特に不自由の無い生活が出来る状況になった場合に、FIREが達成された生活と言えます。

FIREがなぜ話題になったのか?

それはストレスのない自由な生活の重要性が高まったからです。

現在はリモートワークの普及によって働く場所だけでなく、時短勤務や週3〜4日だけ正社員として働くなど勤務形態の多様化が進んでいます。

また、今までと違った働き方の選択肢が増えたことで、今までの定年まで勤務するという常識についても、疑問を抱く人が多くなっていることは事実です。

そのような背景もあり、仕事のためだけに自分の人生を費やす生き方に疑問を抱き、ストレスのない自由な生活に憧れる人が増えたことで、FIREが話題になりました。

スポンサーリンク

FIREを達成するためには

FIREを達成するためには、実際に必要な年間費用を把握することが必要です。

年間費用が判明すれば、年間収入から費用を差し引き、残った金額を貯蓄や投資に回します。

それらの金額が、今後の経済的に自立した生活に足りる額までになればFIREを達成することが出来ます。

支出を最小化に、収入は最大化することが、FIREを達成するために必要なことです。

本当にFIREなんて達成できるの?

「本当にFIREなんてできるの?」

私がFIREの話をすると、ほとんどの人がこのように言いますが、FIREは必ず達成できます。

簡単な計算ですが、年間400万円の給与をもらっている場合、年間費用を200万円(約月16.6万円)に抑える事ができれば、毎年200万円の現金が手元に残ります。

それを全額投資に回して年利4%で運用することができれば、理論上約18年でFIREを達成する事ができます。

仮に24歳から始めれば、42歳にはFIREを達成する事が可能で、自分の好きな事、やりたい事に好きなだけ時間を費やす事ができる生活を送ることが可能です。

このブログの目的

以上のように、FIREは夢物語ではなく現実的な資産運用の究極の形です。

このブログでは、そんなFIREに向けて実際に私が実行中の資産運用からその進捗などを、ありのままに書いていきます。

「そのまま真似すれば同じように資産運用ができる」と言われるくらいを目標にするので、FIREに興味がある方はチェックしてみてください。

-FIRE
-

© 2021 父ブログ Powered by AFFINGER5