FIRE

FIREについて

過去のブログで、資産についてと現金思考のリスクについてブログりましたが、本丸のFIREについてブログってなかった!?

という事で、今回はFIREについてです。

FIREとは

まず、FIREは『Financial Independence / Retire Early 』の略称で、日本語訳では『経済的に自立した早期退職』と言います。

よって、巷で言われているFIREとは、「仕事をしなくても生活出来る不労所得があるので、定年を待たずに仕事辞めて好きなことしまーす」てな感じです。

FIREに必要なこと

具体的にFIREを達成するためには、支出の最適化と収入の最大化の2つです。

FIREは働かずに不労所得で生活費を賄わなければならないので、基本的には無駄遣いなどない生活を送って支出を最適化しつつ、不労所得である収入をより多く稼ぐ事が必要となります。

たまに、「FIREは働かずに豪遊しまくるやつ」なんて勘違いしてる人がいますが、それはちょっと違います。

もちろん、収入があまり余っていれば問題ないですが、FIREの目的は生活するために働かず、自分の好きな事に時間を使うことで、豪遊することではありません。

FIREにはどれだけの資産が必要?

じゃあ、FIREにはどれくらいの資産が必要なの?ってよく聞かれますが、目安としては年間生活費の約25倍です。

年間の費用が300万の場合は、7,500万円あれば、FIRE達成です。

この計算式は、資産を4%で運用した場合に年間費用の25倍あれば、年間に必要な資産を運用で賄えるからです。

資産が7,500万円ならその4%なので、300万円が働かずに得られます。

コレをFIREにおける「4%ルール」といって、FIRE達成のために必要な資産の目安になります。

スポンサーリンク

と、いうことで今回はFIREについてザックリとご紹介しました。

今回の4%ルールなどのより詳しい情報は↓の書籍を読んでもらうと、より詳しく理解できるかも。オススメです。

-FIRE
-,

© 2021 父ブログ Powered by AFFINGER5