お金

資産運用を始めるべき理由について

悩むパパ
資産運用ってなんだか怖い。本当に儲かるのかな?

コロナの影響からネット証券の口座開設数が急増したというニュースや、iDeCoやNISAなどの新制度の発足により、世の中にはプチ資産運用ブームといえると思います。

しかし、まだ多くの人は「資産運用って怖い。損をするのでは?」と思って資産運用を始めていない人も多いと思います。

今回はそんな人の疑問に答えていこうと思います。

資産運用は絶対に始めるべき

結論として、資産運用は断然するべきです。

私は5年前に自分のお小遣い(10万円)で資産運用を初めて、現在は年間約80万円を給与とは別に得られるようになりました。

資産運用の中の1つのトラリピより。少額ですが色々な運用方法が積み重なり、月に6〜8万円の収益になります。

元金の大きさにもよりますが、正しく資産運用をすれば、誰でも私くらいは稼ぐことができます。

もちろん、資産運用にはリスクが伴い、一時的に損失が出るかもしれませんが、正しい資産運用を行えば、長期的にはほとんどの場合がプラスに転じると言えます。

なぜ資産運用をするべきなのか、なぜ正しく資産運用をすれば利益が生まれるのか、について説明がします。

資産運用であなたが得られる可能性

資産運用をしなければ、あなたが1年に得られる資産は年収と同じです。

あなたは、この先ずっと働き続けて会社からの給与だけを頼り続けていくことで、今後の人生設計に何も問題がなく、これ以上を望まないのであれば、資産運用はしない方がいいです。

なぜなら資産運用にはリスクが必ずセットなので、わざわざそのリスクに身をさらす必要はないからです。

しかし、お金はあればあるほど、あなたとあなたの家族の人生の可能性の幅を拡げられます。

私は仕事より、自分と家族のために自分の時間を使いたいので、効率的にお金を稼ぐために資産運用をして、将来的にはセミリタイヤ(Fire)を目指しています。

この理想の生活スタイルのために、人生の可能性を広げる資産運用に取り組み、少額ではありますが年間約80万の実績を出しています。

もし、あなたが理想とする生活スタイルがあり、その実現が難しい理由が金銭的余裕がないことにあるのなら、資産運用は絶対に始めるべきです。

[st-kaiwa4]あなたは今の人生に満足していますか?[/st-kaiwa4]

スポンサーリンク

資産の最大化が可能な根拠

次に、資産運用を行うことが、資産の最大化に繋がる根拠について説明します。

r>g

みなさんは2014年末な和訳されて発売された、フランスの経済学者トマ・ピケティの『21世紀の資本』という書籍を知っていますか?

この書籍はその年のベストセラーになりましたが、本の内容を一言で言うと『r(資本収益率)>g(経済成長率)』です。

著者のピケティは、現在から18世紀まで遡ってデータを分析したところ、r』の資本収益率が年に5%程度の成長率に対し、『g』は12%程度の成長率しかなかったと結論づけました。

つまり、資産運用によって得られる富は、労働によって得られる富よりも成長が早いということであり、資産運用の方が効率的に資産を増やすことができるということです。

複利の効果

かの天才アインシュタインが人類最大の発明と呼んだ複利は『元金だけでなく、利子が利子を生む』システムです。

資産運用をする上で、複利を最大限に活用することで、加速度的に資産を増やすことができます。

逆に複利を利用しなければ資産運用をしていても、資産はほとんど増えていきません。

富裕層は必ずと複利の資産運用で、資産を継続的に増やしています。

現代は資本主義社会

私たちが生活している社会のほとんどは資本主義社会で形成されています。

資本主義とは、働いたらその労働力に応じて報酬が得られる制度のことであり、この制度下においては社会はより良い報酬を得ようと、右肩上がりに成長し続けることを前提としています。

つまり、何もしなくとも10年後、20年後は今より発展している制度の社会であり、資産運用も基本的には右肩上がりであるはずなのです。

資産運用があなたの人生の可能性を広げる

以上のことより、私は資産運用は絶対するべきだと信じています。

もちろん、資産運用にはリスクがあるので損失が出ることもあります。

しかし、それ以上に得られるメリットが大きく、「よくわからない」「何か怖い」と言った理由で始めないのは、まさに思考停止の状態で、チャンスをドブに捨てているのと同じことです。

このブログでは、今後はより詳しい資産運用の情報や具体的な方法を提供していくため、個々の情報や方法を見て自分にあった資産運用の方法を見つけて欲しいと思っています。

資産運用は将来のあなたやあなたの家族の人生を変えて、自由な人生を送るチケットかもしれません。

-お金
-, ,

© 2020 父ブログ Powered by AFFINGER5