トライオートETF

FIREを目指す場合、どんな投資対象がベストなのか?

FIREを目指す場合、収入を最大化するために投資を行うことが必要ですが、投資と言えども数多くの種類がありますよね。

「FIREを目指す場合には、どの種類の投資がベストなのか?」について考えをまとめてみました。

FIREを目指すならトライオートEFTのナスダック100トリプルが最強

私はFIREを目指して様々な種類の投資をして3年目になりますが、今までの経験から言えば今のところ「トライオートEFTのナスダック100トリプル」がベストです。

私は今までに、株式やFX(デイトレード)やCFD(差金決済取引)、VIX指数や仮想通貨から投資信託や積立NISAなど、一通りの投資について勉強と実践をしてきましたが、自動売買ツールであるトライオートEFTの中の「ナスダック100トリプル」という銘柄中が最も効率良く利益を生み出しています。

運用を開始してから約1年ほど経過しますが、その間の利益率も元金に対して月利3%を安定して生み出してくれています。

ナスダック100トリプルとアメリカ経済について

ナスダック100とは米国NASDAQ(ナスダック)市場の代表的な企業の株式で構成される株価指数です。

ナスダックの銘柄には、人々の生活に浸透した製品・サービスを提供する企業から、ITやバイオテクノロジーなどの最先端技術企業まで入っており、様々な分野の企業で構成されています。

また、ナスダックの過去のデータを見てもらってもわかるように、ナスダックのチャートは常に右肩上がりで、過去数回の大暴落を経験しても長期的に成長し続けています。

出典元 マネックス証券

これを言い換えると、世界一の大国であるアメリカ合衆国が過去からずっと成長し続けており、今後もその傾向は止まることはないと私は考えています。

よって、アメリカが国家の存続の危機のような事態が起こらない限り、常にナスダックも右肩上がりで指数は上がり続けるため、投資をする上では右肩上がりのチャートのことだけを考えれば済むことになり、運用がしやすく資金効率も良い投資方法を選択できます。

逆にFXの場合を考えると、FXは通貨によりある価格帯を行ったり来たりする値動きを考える必要があるため、チャートも頻繁に上下に動きます。

そうすると必然的に右肩上がりの場合と右肩下がりの最低2パターンには対応しないと行けなくなります。

多くのパターンに対応するということは、元金も手間も多く必要になる代わりにリスクも高まります。

よって、私は常に右肩上がりで「買い→売り」の売買についてだけを考えればいいチャートを形成するナスダック100をトライオートで選択しています。

スポンサーリンク

今までの投資経験からもトライオートETFのナスダックがベスト

相場は予想できない→予想しなくていい方法を選ぶ

私は今までにたくさんの投資方法を勉強したり試してみて、何度も利益を出したり損失を出したりする中で、ある真理に気付けきました。

投資はその方法によってルールや法則が違いますが、それら全てに共通する真理は「いくら勉強したり分析したりしても結局相場は読めない」ということです。

こう言っては身も蓋もないんですが、投資の専門家でさえ当てることが難しい相場について、素人が予想して当てることなんて無理に決まっています。

しかし、逆に言えば、ナスダック100のような右肩上がりの相場である投資対象であれば相場を予想する必要がなく、ただただ簡単なロジックに沿って運用するだけで、失敗する確率を限りなく減らすことが可能です。

感情で投資すると失敗する→自動売買ツールを利用する

また「感情で投資をすると失敗する」という真理にも気づきました。

「みんなが買っているから買う」「もう少し利益が出そうなので、もうしばらく持っておく」「ポジションを持っておいた方が良さそうなので買っておく」などは、投資初心者が考えがちな感情でどれもポジティブに見えるかもしれませんが、投資の場合は全てアウトな考え方です。

ポジティブな考え方でも良いのはギャンブルだけで、投資はいかに堅実に資産を増やすかを目的にするため、徹底的にリスクを排除するロジカルシンキングが必要になってきます。

しかし、それが分かっていても欲が出るのが人間ですよねw。

そこで、自動売買ツールを利用することによって、徹底的にロジカルにオートな売買が可能になります。

投資に必要な時間を最小限にする→自動売買ツールを利用する

いきなりですが、「あなたは何のために投資していますか?」。

私はFIREを達成して家族や自分の時間を最大化するために投資を実行しています。

つまり、労力をかけずに楽して効率よく稼ぐための手段の一つが投資というわけです。

そんな投資のために、チャートに張り付いて売買するFXや、四季報を読み解き分析して購入する日本株式などの方法では、多くの時間を消費しなければならなくて本末転倒ではないでしょうか。

投資を生業とするトレーダーなら問題ないと思いますが、私はあくまでFIREが目的での投資のため、投資に必要な時間を最小限にするためには自動売買ツールを利用をオススメします。

自動売買ツールを利用すれば、あらかじめ決めておいたルールでの売買をツールを自動で行うため、あなたが寝ている時も、働いている時も、子どもと遊んでいる時も、全自動で売買が行われるため、投資に必要な時間を最小限に抑えることが可能なので、子育てや仕事で日々忙しいパパにはベストな投資方法だと言えます。

レバレッジから売買の回数の増加による増収→ナスダック100トリプル

トライオートETFのナスダック100トリプルは、通常のナスダック100の値動きの3倍の値動きをします。

つまり、3倍のレバレッジがかかっている状態で売買をしていることと同じであるため、通常のナスダック100より売買回数が増加し効率よく売買を重ねることができます。

その分、リスクも増えますが、基本的にナスダック100トリプルの運用は、指数が0になってもロスカットしないように売買を設定しているため、実際は問題となることはありません。

ナスダックならアメリカ株式への投資も同じじゃないのか?

ここまでのブログでは、ナスダック100の優位性を訴えきましたが、ナスダック100はアメリカ株式のインデックスです。

よって、「最近調子のいいアメリカ個別株に投資をして配当金をもらう方が、配当金と値上がり益の両方を得られるのでは?」と思うかもしれませんが、値上がり益は先程も書いたように予想ができません。

配当金もアメリカ株は日本株に比べて高く、だいたい年利で5〜7%ありますが、トライオートETFは月利3%なので、年利で言えば25%ほどあるため、収益面からもトライオートETFのナスダック100トリプルの方が効率良く収益を得ることが可能です。

FIREを目指すなら、トライオートETFのナスダック100トリプルがベスト!

以上の理由から、FIREを目指すために効率良く元金を最大化できる投資方法は、トライオートETFのナスダック100トリプルを自動売買で運用することです。

現在、私はナスダック100トリプルを運用中で、月利3%程度の利益を出し続けています。

250万円を元手に2021年5月は77,000円の利益で月利3%。

トライオートEFTでナスダック100トリプルの自動売買を行う場合は、インヴァスト証券で口座を開設する必要がありますが、スマホ一つで開設が可能です。

もちろん、口座開設や維持の費用は無料です。

まだ開設していない人はオススメです。

▶︎インヴァスト証券のトライオートETFの口座開設はこちらから!

-トライオートETF
-,

© 2021 父ブログ Powered by AFFINGER5