FIRE

初めての資産運用は積立NISAから

資産運用を始めるなら積立NISA

FIREに向けて資産運用を始めてみようと思ったあなた!

まず、最初は積立NISAがオススメです。

「えっ?ニーサ?それって何、美味しいの?」レベルのあなたにもわかるようにめちゃめちゃ簡単にまとめます。

資産運用といっても、初めて自分のお金をどこかに預けるってことは、結構神経質になったり慎重になったりしちゃいますが、この積立NISAは金融庁でもしっかりと紹介されている、ほぼ国策みたいなものなので安心してください。

少額から積立が可能で非課税

まず、NISAとは個人投資家のための税制優遇制度で、株式・投資信託等の配当・譲渡益等が非課税対象となります。

なんだか難しい言葉ばっかりですが、積立NISAは簡単に言えば、「資産運用で得られた利益に20年間税金がかからないよ」って制度ということです。

実は株式投資やFXなどは、得た利益に対して20.315%の税金が必要なんですが、積立NISAにはそれが必要ありません。

また積立NISAは少額から積立が可能です。

例えば、最小額は100円単位から可能で、最大は年間40万円。最大でも月々3.33万円からなので、始めやすい額だと言えます。

注意点としては、積立NISAに関わらず金融商品には少なからず手数料が発生することが多くあります。

手数料はせっかく利益が出てもそこから差し引かられる純粋な赤字枠なので、極力手数料が低い商品を選ぶようにしましょう。

実際に積立で資産形成される額

以上のことより、例えば、楽天証券で積立NISAの口座を開いて毎月3.33万円上限額いっぱいまで積立していったとします。

投資先は『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』というアメリカ銘柄の平均値を取った商品で、この商品の手数料は0.0968%とかなり低い値です。

この場合、毎年の年利が3%で、手数料はかなり小さい額なので無視したとして20年間複利運用してみるとどうなるのか。

元金の合計は毎月積立していくので約800万円になりますが、3%の運用益が約300万円となり、合計で約1,100万円の資産形成ができます。

運用益はあくまで予想ですが、ただ積立していくだけで、これだけの資産を形成できることって凄くないですか。

ちなみにこれが積立NISAでなければ、税金として約60万円は払わないといけません。

無理のない資産運用ならNISAから

初めて資産運用をする人はなかなか踏ん切りがつかないと思います。実際に私もそうでした。

しかし、今回ご紹介した積立NISAは国がキチッとレールを引いた上の制度であり、20年間非課税控除が受けられるのはかなりお得な制度です。

しかも、運用は毎月一定額を積立るだけ。

途中に金額の変更も可能なので、初心者にピッタリです。

もちろん、あくまで資産運用なので短期的に元金が目減りすることはありえますが、長期的にみれば増える可能性大だし、それを勉強するのもFIREに向けての第一歩です。

積立NISAを始めてみようと思った人は↓のリンクから積立NISA口座を開設してみてください。

▶︎楽天証券

口座開設や維持費用などは一切必要ありませんから安心して下さいね。

-FIRE
-, ,

© 2021 父ブログ Powered by AFFINGER5