FIRE

ふるさと納税は絶対得する資産運用

ふるさと納税は効果的な資産運用

「ふるさと納税」と聞いて、資産運用を連想しにくいかも知れませんが、資産運用を始めるに当たって、ふるさと納税は費用を抑えることのできる超効率的な資産運用方法の1つです。

その方法は、ふるさと納税を利用して日々の生活品を用意すること。

ただそれだけで、あなたの資産運用はより強力なものになり、FIREまでの時間をかなり圧縮することができるかも知れません。

費用の圧縮効果がとにかく大きいふるさと納税

ふるさと納税は市町村にふるさと納税として寄付をすることで、寄付した金額分が翌年の住民税から免除されることに加え、その市町村の特産品を手に入れられます。

手数料は2,000円必要になりますが、寄付した金額は翌年の税金から控除されるので、実質、ふるさと納税を行うことで特産物をタダに近い金額(2,000円)で手に入れられるんです。

この特産物は市町村によって様々で、商品券や地域の特産物(果物・肉など)がほとんどですが、資産運用の観点からふるさと納税を利用するのであれば、特産物として貰う商品は絶対的に生活必需品です。

ふるさと納税でプレゼント的にもらえる商品だから、普段食べない高価な牛肉や果物、宿泊施設の利用券なんかを選びたい気持ちはわからなくはないですが、それらは無くても良いもの。

よって、資産運用で得られる効果を最大化したいなら、日々の生活で必要な食品や物品にして、日々の費用の負担を軽くすべきです。

私のふるさと納税の圧縮効果について

楽天ならポイントも貯まって2度お得!

私の場合、年間約5万円のふるさと納税が可能であるため、この5万円分は全て米がもらえる市町村に寄付をしています。

ふるさと納税の米の相場で言えば、新米や無洗米など種類によって若干違いはありますが、大体1万円の寄付額で10キロ程度で、私は5.2万円の寄付金額で60キロの米をゲットしました。

現在、子どもがまだ小さいので、我が家の米はふるさと納税でゲットした米60キロで1年間は充分まかなえていて、米を買う必要はありません。

市販の米の相場は4,000円程度なので、今回のふるさと納税は2,000円の手数料で24,000円分のお米をゲットしたことになり、実質ふるさと納税で22,000円の費用を圧縮することができました。

これは投資などとは違い、誰もが必ず同じ結果を出せる高い再現性がある方法なので、やるかやらないかで22,000円をゲットするかしないかの違いになってきます。

確実に費用を圧縮するふるさと納税

ふるさと納税は生活必需品を狙って寄付すれば、必ず日々の生活費を抑えることのできる方法の1つです。

やれば必ず費用が抑えられる再現性の高い資産運用の1つなんですが、まだふるさと納税の利用率は約10%程度と、まだまだ利用している人は少ない現状です。

だからこそ、逆にここで行うことで人より資産運用としてのメリットを多く得ることが可能といえるため、ふるさと納税をまだ行っていない人はぜひ資産運用とふるさと納税をセットにして始めてみてください。

-FIRE
-, ,

© 2022 父ブログ Powered by AFFINGER5