子育て

【パパ必読!】絶対に取るべき『子の看護休暇』

  1. HOME >
  2. 子育て >

【パパ必読!】絶対に取るべき『子の看護休暇』

子どもがいると使える公的制度、どれぐらい知っていますか?


育児休業制度、短時間勤務の措置などなど、いくつかありますが、今回はその中でも気軽に申請できるのに見落としがちな『子の看護休暇』について説明します。

 

誰もが取れる子の看護休暇

例えば、朝起きたら子どもが熱発して病院に連れていかないといけないことって、子どもが小さいと結構ありますよね。

そんな時は有給を使わずに、『子の看護休暇』を職場に申請して、仕事を休んでください。

法律でも認められている休暇

子の看護休暇は育児・介護休業法で定められており、労働者から請求があった場合には、企業は休暇を与える必要があります。

つまり、子どもの看護のためなら有給を使わずに『子の看護休暇』を申請することで、仕事を休むことができるのです。

子どもの看護には『子の看護休暇』を利用することで、有給を本来の休日としてフル活用することができるため、この制度は使わない手はありません。

『子の看護休暇』は病院の看護だけでなく、予防接種でも利用できます。

スポンサーリンク

来年からは時間単位で利用可能

利用は1日、又は半日単位の取得になりますが、令和3年1月1日より時間単位での取得も可能になります。

また、努力義務の位置づけですが、『就業中の中抜けも認めるように配慮すること』と厚生労働省から通知が出ているので、企業の多くは中抜けでの取得方法も認める方向になると予想できます。

法律で求められている内容

出典元 king of time

配慮するように求められている内容

出典元 king of time

実際に子の看護休暇を取得するためには

実際に利用する場合は、「『子の看護休暇』を取得したいんですが‥、」と総務に確認してください。

私の経験上、子の看護を行ったことを証明できる書類(医療機関の領収書、保育園などの欠園証明書)の提出を求められる企業と求められない企業があります。

休暇取得に関しての注意点

ここで一つ注意点。

『子の看護休暇』は有給とは違い、休んだら賃金の保障をすることまでは求められていません。

実際に平成30年度の調査でも、約65%の事業者が『無給』となっています。

ノーワーク、ノーペイの原則

福利厚生の待遇が厚い大企業は問題ありませんが、中小企業の場合は無給の可能性があるため、金銭面的な話をすると、あらかじめ『子の看護休暇』が無給か確認して、『子の看護休暇』を取るか『有給』を取るか考えることが必要になります。

とはいえ、子どもが病気の時はくらい、休んで一緒にいてあげたいものです。

あくまで、仕事は子どもや家族と楽しく過ごすために必要なお金を稼ぐ手段の一つに過ぎません。

目的と手段を見失わずに、子育てを頑張りましょう。

スポンサーリンク

子の看護休暇についてのおさらい

子の看護休暇
・小学校就学前までの子が1人であれば年5日、2人以上であれば年10日を限度として看護休暇の取得が可能。半日単位での取得も可能。

・令和3年1月1日より時間単位での取得も可能。

・取得する際に、子の看護を行ったことを証明できる書類(医療機関の領収書、保育園などの欠園証明書)の提出を求められる場合もある。

・『有給』と違い、基本的には欠勤分は無給。約65%の事業者が『無給』となっているため要確認。

子の看護休暇取得へのワンポイントアドバイス

現在は政府がイクメンを推進したり、働き方改革もあって、父親が『子の看護休暇』の取得申請をしても嫌な顔をされることは少なくなりました。

しかし、一部の旧人類は『子の看護休暇』を取得することにグチグチ言ってくるかもしれませんが、気にせずどんどん取得してください。

『子の看護休暇』に理解を示さないのは、子育てをしなかったために誰にも必要とされなくなった人間の妬みです。

どうせ、新生児の時のビチャビチャうんこ付きオムツを変えたこともないし、いきなりの子どもの嘔吐をとっさに手で受けたこともないし、子どもに摂取したワクチンの名前や身長や体重なども覚えていない、子育てレベル0の底辺です。

そんなザコが何を言ってても、哀れで可哀想にしか思えませんよね。

仕事はあくまでも生活するためにお金を稼ぐ手段の一つです。

職場のどうでもいい人よりも、大事な家族を優先するために、積極的に『子の看護休暇』を取得してください!

ブログランキングにご協力をお願いします! クリックしてね!
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

-子育て
-, ,

Copyright© 父ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.