未分類

知ってる?実は貯金するだけではお金は減っていっている事実について

日本はお金に関して、学校で授業があるわけではありません。

よって多くの人はお金は稼いで貯金するものだと信じていますが、実はお金は貯金しているだけだと減っていってしまいます。

お金の価値は時代によって変わるもの

お金の価値は常に変わっていて、長期的な視点では価格は下がり続けます。

お金=通貨は、主に国が発行していて、基本的には供給量を管理しながら価値が下がらないように管理されています。

しかし、お金を使う対象であるモノやサービスは、市場が成長していく観点から年々価値が上昇していきます。

昨年はあるモノは100円で買うことができたのに、今年は101円必要になる。

よって、相対的にお金の価値は一定でなく時代に応じて変化していて、基本的はモノやサービスの価値が高くなるため、お金の価値は低くなっていきます。

お金の価値が下がる=物価上がる(インフレ)

このモノやサービスの価値が高くなることは、物価が上がることと同義で経済学的にインフレーション(インフレ)と言います。

円を管理している日本銀行はインフレ率を年2%としているようで、ここ数年の日本のインフレ率は1%未満で推移しています。

例えば、この先、日本が2%のインフレ率で推移したら、100万円の貯金があった場合、10年後はいくらになってるでしょうか?

インフレ率2%では、今年100万円だったモノやサービスが1年後には102万円、2年後には104.4万円、3年後には104.04万円と成長していくため、10年後には119.5万円必要になります。

てことは、後生大事に貯金してた100万円は10年後は約80万円程度の価値に下がってしまうってことになります。

スポンサーリンク

正しく貯金のデメリットを理解する

お金を貯めることですら、デメリットがらあるとに気づく人は少ない。

よって「貯金をすれば大丈夫!」なんてことだけを言ってるのは、金融リテラシーが皆無な人間です。

特に高齢者がしがちなタンス預金なんかは、ただただお金の価値を減らす行為にしかなりえません。

生活に必要なキャッシュ(現金)は、ある程度手元においておく必要がありますが、それ以外の余剰金はリスクに応じていくつかの種類別に投資をするべきです。


今回はお金の価値と貯金のデメリットについてブログりました。

FIREを達成するためには、正しいお金の知識が必要で、案外それらのことを知らない人が多いので、ぜひとも投資についても勉強して欲しいと思います。

ロリポップ!



-未分類
-, ,

© 2021 父ブログ Powered by AFFINGER5