FIRE

FIREを目指す時にイデコ(iDeCo)を運用する必要ってあるの?

 

 

悩む人
イデコって気になるけど、FIREを目指す時に上手く使えるのかな?

 

 

今回はこんな悩みについて答えます。

 

 

 

 

はてな

イデコってどんなモノ?FIREに関係あるの?

 

 

イデコは個人型確定拠出年金(iDeCo)という制度で、自分で拠出年金として資産運用し、将来の生活に備える私的年金制度のことです。

 

 

掛金は毎月一定額の積み立てを行い、原則60歳以降に老齢給付金として受け取る仕組みです。

 

 

結論

FIREを目指す中でもイデコは資産形成において必要です。

 

 

イデコってどんな制度?

 

 

まず、イデコについてですが、職業等に応じて毎月拠出できる金額が違います。

 

 

iDeCo公式サイトより

 

 

例えば、サラリーマンで企業年金は会社で入っているけど会社には確定拠出年金がない場合は、「第2号 DBにのみ加入している会社員」にあたり、月に拠出できる金額は1.2万円、年間で14.4万円になります。

 

 

そして、その運用方法は数十種類ある商品から自分で選びます。

 

 

商品には、国内外の株や債券から、REIT(不動産)、金など扱った様々なものが用意されていて、それぞれにリスクとリターンなどの特徴が違います。

 

 

そして、それらの商品に毎月拠出して積立したイデコは、60歳になるまで引き出せないという特徴があります。

 

 

イデコについて把握すべきことは以下の3つです。
マサ

 

 

ポイント

・職業等に応じて毎月拠出できる金額が違う。(一般的なサラリーマンは上限月1.2万円)

・運用方法やリターンとリスクなどがそれぞれ違う商品を自分で選択して運用する。

・イデコを始めると、原則60歳までは拠出した金額は引き出せない。

 

 

これがイデコの大まかな仕組みです。

 

 

FIREとイデコの関係性について

 

 

ここでFIREに話を戻しますが、FIREを目指している人は投資可能なお金は、可能な限り利回りの良い運用方法に投入したいですよね。

 

 

私の場合はトライオートETFに毎月3万円投入しています。
マサ

 

 

でも、イデコを始めようとすると、例えば、先の「第2号 DBにのみ加入している会社員」の場合、上限1.2万円をイデコに割り当てるため、本来の資産運用のパフォーマンスが落ちてしまいます。

 

 

トライオートETF:年間36万円×利回り36%=約49万円

イデコ:年間14.4万円×利回り5%=約15万円、トライオートETF:年間21.6万円×利回り36%=約29万円、計約44万円

トライオートETFのみの運用から、イデコも併用する運用に変更した場合、約10%程度パフォーマンスが落ちる。

 

 

また、「イデコは拠出した積立金は60歳まで引き出せないけど、イデコは始めた方がいいの?どうなの?」と相談を受けることがよくあります。

 

 

しかし、それでも、私はイデコを勧める理由があります。

 

 

年利で考えると凄いイデコの税制優遇

 

 

イデコは拠出した金額分を全て税制優遇が受けられます。

 

 

例えば、「第2号 DBにのみ加入している35歳年収500万円の会社員」が上限の月に1.2万円、年間で14.4万円を拠出して積立をした場合、年間の所得税29,100円全てが控除されます。

 

 

イデコで年間14.4万円を積立することで、必ず払わなければいけない所得税29,100円が払わなくて済むということは、必ず年間約20%の利回りが約束されるということ。

 

 

ポイント

年間の所得税29,100円を払わなくて済む = 必ず年間29,100円の利益が発生する

 

 

資産運用の世界は「必ず得をする」ことは絶対にない世界ですが、イデコの税制優遇については必ず年利約20%の運用益が約束されていることと同じなので、イデコの積立による税制優遇を受けない理由はありません。

 

 

毎月、積立金を拠出するだけで約20%の利益が約束されるのはスゴイ!
マサ

 

 

 

 

投資先のリスク分散

 

 

色々な資産運用の方法を用意しておくと、チャンスも広がるかも。

 

 

資産運用の格言に「卵は一つのカゴに盛るな」とあるように、資産は同じ方法で全力運用するだけではなく、数種類の方法で運用することで世界経済の暴落時のリスク分散になります。

 

 

例えば、現在はトライオートETFに注力して運用していますが、今後、トライオートETFで現在運用中のナスダックトリプルの取り扱いが無くなったりした場合は、他の運用方法を見つけるまでに一時的に資産運用を止めなければいけないということにもなります。

 

 

しかし、そんな時もトライオートETF・イデコ・積立NISA・FX等と数多くの運用方法を確立しておけば、一つの運用方法が使えなくなったとしても、機会損失の被害を最小限に止めることができます。

 

 

イデコとFIREの関係・必要性のまとめ

 

 

以上が、私がFIRE達成に向けて取り組み中においてもイデコを進める理由です。

 

 

イデコで積立をするということは、中長期的に収入を形成することと同時に、税制優遇によって費用の削減にも繋がるため、それらの両方を加味して考える必要があります。

 

 

イデコは各証券会社に申し込んで口座を作成することから始まりますが、数多くの証券会社の中でもオススメは数多くの商品を扱っていて運用コストの安い楽天証券SBI証券です。

 

 

 

 

また、普段使用しているネットバンクや証券会社がある場合、その会社と合わせてイデコの口座を作成すると、資産をトータルで管理できるため、ぜひ一度イデコについて考えてみて下さい。

 

 

-FIRE
-,

© 2021 父ブログ Powered by AFFINGER5