子育て

子育て中の足りない時間の上手な使い方

悩むパパ
仕事と育児と趣味に忙しくて、勉強やスキルアップの時間なんて確保できない。

日本の多くの人は時間と引き換えに給与を得るメンバーシップ型で働いています。

すると、子育てや趣味に忙しくなってきて必然的に起こるのが、『時間が足りない問題』。

今回は子育て中の足りない時間を解決します。


足りない時間の使い方を工夫する

子育て中は本当に分刻みのスケジュールです。

時間は誰にでも平等であり有限のため、時間を上手く使うことができれば、人より優位なステージで戦うことや、楽に生活をすることができます。

しかし、子育て中は子どものための時間が最優先になってしまい、自分の時間が取れないことは当然です。

そのためには足りない時間の使い方を工夫することが重要です。

足りない時間の上手な使い方

時間を無駄なく使うには、スキマ時間を上手く使うことが代表的ですが、子育て中のパパママは子どもに付きっきりで、スキマ時間すらない場合が多々あります。

そんな時は日々の生活行動そのものを勉強やスキルアップできるものに変えてみましょう。

英語を勉強したい

英語スキルの獲得はスキルアップの代名詞。

例えば英語が勉強したい場合、オンラインの英会話スクールやTOEICなどで学習する方法が一般的ですが、この勉強方法にはそのための時間を確保する必要があります。

そこで子育てパパママにオススメな学習方法は、スマホやパソコンの言語設定を英語にして利用することです。

最初は使いにくいかもしれませんが次第に使い慣れてくるので、利用するたびに新しい単語を覚えられるツールになります。

このように身の回りの身近なものを英語にすれば、特別な時間もコストも必要とせずに、英語の勉強をすることができます。

ジムで筋トレがしたい

地味に時間が必要な筋トレ。

筋トレをする時間が確保できない問題があるのなら、普段の生活の中の行動を筋トレと同じような高負荷に行いましょう。

例えば、家事の最中はずっと爪先立ち、座っている間はドローイング、買い物ではカートを利用しない、などなど、普段の生活を筋トレに変えてしまえば、時間を有効に活用できます。

また子どもが公園で遊んでいるときも、ベンチで座ってスマホを触っているだけでなく、子どもと一緒に遊ぶことで有酸素運動を行うことができます。

スポンサーリンク

常に時間は有限と意識する

多くのパパママは「学生や結婚前などは時間に余裕があったのに、子どもが生まれてからは自由な時間が全くない。」などの悩みを抱えて日々生活しています。

私も子どもが生まれてからは自分の時間はほぼ無くなり、時間はとても貴重で有限なものだと改めて痛感しました。

現在は、私の自由に使える時間が増えれば家事育児をフォローしあうことで、妻の自由に使える時間も増えることを期待して時間の使い方を工夫しています。

ちなみに、私の場合は家族との時間は最優先で確保したいので、仕事で平日8時間拘束されることが苦痛でfireを目指しています。


時間の価値はお金以上

『時は金なり』という言葉がありますが、私は『時は金以上』だと考えます。

今の時代、お金はいつでもどこでもある程度稼ぐことはできますが、過ぎた時間は2度と得られることはありません。

毎日の時間を大切にしながら、楽しく充実した子育てライフを楽しみましょう。

-子育て
-,

© 2021 父ブログ Powered by AFFINGER5