FIRE

FIREには、まずはインターネットバンクの開設から

悩む人
「資産運用って、何から始めたらいいんだろ?」

「FIREを始めてみたいけど、何からしたらいいのかわからない。」

今回はFIREを目指してみたいけど、何から手を付ければいいかわからない人のためのブログです。

やるべき事を順番に丁寧に説明しているので、全くFIREについて素人であっても、真似するだけで簡単にスタート地点に立つことができます。

FIREにはまずインターネットバンクが必要不可欠!

インターネットバンクは絶対に必要です!

まず、FIRRに絶対に必要なモノは、インターネットバンクです。

FIREにはお金の管理をするための銀行口座が必要ですよね。

現在はインターネットで預金の管理や入出金、振込などの処理は全て行えるため、インターネットバンクは必須となります。

しかし、従来の窓口銀行口座を使っていると、入金や出金のたびに窓口やATMに行かないといけませんよね。

でも、仕事や家事育児が忙しい場合はそんな暇はありません。

よって、FIREにはスマホ一つで全ての処理が可能なインターネットバンクが必須となってくるんです。

オススメできるインターネットバンクは‥?

FIREにオススメなインターネットバンクは楽天銀行かSBI銀行です。

▶︎楽天銀行(口座開設)

▶︎SBI銀行(口座開設)

理由としては、両者とも証券会社を運営している母体のインターネットバンキングであり、資産運用する上で便利だからです。

また、長年の運用実績もあり、セキュリティ等の点からも安心してお金を預けることができます。

ちなみに、両者のインターネットバンキングは口座開設や維持に費用は全く必要ありませんので、ご安心を。

というか、楽天銀行については開設すれば、それだけでポイントがもらえるので、全く損はしません。

今回は、私がメイン口座として利用している楽天銀行の口座開設について紹介します。

簡単な楽天銀行の口座開設方法

まず、楽天銀行のHPにアクセスしてください。

▶︎楽天銀行(口座開設)

楽天銀行は早いペースでHPを更新しているので、現在のトップページとは違うかもしれませんが、基本的には『口座開設』のページをタップしてください。

今回の場合は、楽天ユーザーでなく、初めて楽天銀行を開設する初心者として申込みます。

次にお客様情報として、名前や電話番号や住所から職業などの情報を入力します。

次に楽天銀行で使用するために発行するキャッシュカードを選択します。

ここは希望のカードを選べばいいんですが、悩む場合は普通のデビットカードを選択してもらえば大丈夫です。

次に本人確認をするための書類を選択します。

運転免許証かマイナンバーなどが利用できるので、任意の書類を選択してください。

現在、証明書の提出は写真で撮影してアップロードするだけなので、かなり簡単です。

逆に書類の場合は、必要な書類のコピーやら印鑑やらが必要になってくるので、極力アップロードでチャチャっと終わらせてしまいましょう。

その後、楽天会員リンクの設定します。

最後にカードの申込み情報を入力して確認をすれば、申込みは終了です。

申込み作業はたったこれだけ。

必要書類の免許証等が手元にあれば、10分ちょっとで誰でも簡単に行うことができます。

口座が実際に利用できるのは、申込み後からだいたい7日後。

その辺りまでに自宅にキャッシュカードが届くので、そのキャッシュカードにATMから入金すれば、楽天のインターネットバンクに残高として反映されます。

まずは口座開設から!

今回は楽天のインターネットバンクの開設の方法を、画像付きで紹介しました。

まだインターネットバンクを開設していない人にとっては、なかなかインターネット上にお金を預けることに抵抗があるかもしれませんが、楽天のインターネットバンクはすでに1,100万口座運用されている超大手。

ぜひこの機会に口座を開設して、FIREへの一歩を進めてみてください。

▶︎楽天銀行(口座開設)

-FIRE
-, ,

© 2022 父ブログ Powered by AFFINGER5