FIRE

FIREを目指すならオススメしたい書籍

FIREとは、『Financial Independence / Retire Early 』の略称で、日本語訳では『経済的に自立した早期退職』と言います。

FIREについてはこっち(↓)の記事で簡単にまとめましたが、今回はFIREを目指す場合にオススメできる書籍を紹介します。

2児の父親が目指すFIREについて

FIREについてわかりやすく解説

FIRE 最強の早期リタイア術 最速でお金から自由になれる究極メソッド

この書籍は、アメリカでFIREを達成した人が書いた書籍で、FIRE書籍の先駆け的な書籍です。

内容としては「FIREを達成するための具体的な貯蓄額について」や「早期リタイアのためのキャリアの選び方」「FIREと子育ての両立」など、これからFIREを目指す若者から子育て世代までが読んで役立つ情報が多く書かれています。

また、この書籍の著者のシェンは中国の貧困層に生まれましたが、書籍に書かれているFIREに関する様々な方法で30代のうちにFIREを達成しています。

つまり、貧困層の人間が実際にFIREを達成していると言うこと。

その点からも、この書籍は十分にオススメできます。

唯一の欠点としては、アメリカでの事例なのでそのまま日本で応用はできないかもしれませんが、それでもFIREについての理解を深めるための書籍としては、申し分ありません。

本気でFIREをめざす人のための資産形成入門 30歳でセミリタイアした私の高配当・増配株投資法

先程の書籍はアメリカでしたが、この書籍は日本のサラリーマンが、株式投資でFIREを達成した投資哲学を解説しつつ、再現性が高く真似しやすい手法を紹介しています。

目次としては、株式投資について詳しく書かれていたり、FIREを目指すために日々の生活で注意すべきことなどが詳しく書かれています。

FIREだけでなく資産運用的な内容も多く書かれている書籍なので、FIREや資産運用初心者の方にも理解しやすい書籍と言えます。

また、この書籍は実際に日本でFIREを達成した著者が書いているため、日本でFIREを行うのであれば、真似するだけでも有益な情報が数多くあります。

例えば、本文中にある「日常生活で階段を活用すればジムの費用は必要ない」は、費用の最適化が重要なFIREの真髄とも言えます。

わずか数千円で得られる大きな情報

書籍の素晴らしいところは、わずか数千円でその道のメンターの情報を得られることです。

現在、FIREは話題になりつつありますが、実際に富豪でなく、FIEEを達成した人はほとんどいません。

一般的な考え方やルールはインターネットを探せば見つけられますが、細かいノウハウなどを日本で調べるにはまだまだ情報量が少ないように感じます。

よって、もしFIREを目指してみようと思うなら、まずはこの2冊の書籍を読んでみると、FIREについての理解が深まるはずなので、ぜひ読んでください。

もちろん、より実践的で私が実行している年利が高いFIREに向けての取り組みは、このブログで情報発信していくので、こちらもチェックしてくださいね!

-FIRE
-,

© 2021 父ブログ Powered by AFFINGER5