未分類

家族で外食するなら、すかいらーくの株主優待が使いやすい理由

株主優待は株式投資する時に持ち株数に応じてもらえるオマケのようなものですが、すかいらーくグループの株主優待は結構使えます。

すかいらーくグループって?

すかいらーくグループは、すかいらーくやガスト、しゃぶ菜などの飲食店を全国展開しているグループです。

特にガストやすかいらーくなどのファミレスは有名だと思います。

小さな子どもと外食する場合は、ファミレスのようなチェーン店の方が何かと気楽ですよね。

すかいらーくグループは様々な種類の食事のお店があって全国展開しているので、株主優待をとても使いやすいことも特徴の一つです。

食事で有名な株主優待はいくつかありますが、関東展開がメインなどで、田舎にはなかなか店舗が無かったりすると優待券があっても使えないこともあるので、その点でもすかいらーくグループはオススメできます。

株価と優待利回りについて

すかいらーくの株価は1,715円なので、100株の171,500円で年2回2,000円の優待カードがもらえます。

優待利回りは2.3%(4,000÷171,500)なので、そこまでの利回りではないですが、これに加え配当金もあるので、FIREを目指す中での株式の一つとしてはアリだと思います。

ただ一つ注意点としては、優待カードは2,000円一枚ですが、利用できる単位は500円単位となっているので、端数は現金で払う必要があります。

また優待カードはクオカードなどと違い、使用期限があることも注意することの一つです。

つい先日は家族でガストへランチに行って優待カードを利用しました。

スポンサーリンク

FIREを目指す上でも使える株主優待

少し話が話がそれてしまいますが、FIREには費用の適正化が1番重要だと何度もお伝えしてきました。

つまり、外食で費用を発生させることは極力控えるべきだという事ですが、子どもが小さい時はなかなかそうもいけませんよね。

そんな時は現金で外食するより、株主優待制度を上手く利用ふれば費用をかけずに外食を楽しめます。

その代表的な株主優待がすかいらーくです。

よって、子育て世帯のパパママが日本株式に投資をしようと思っているのであれば、すかいらーくをオススメします。

株主優待の改悪リスクについて

最後に投資は必ずリスクが伴います。

すかいらーくの業績が悪くなれば、株主優待の内容が悪くなったり、最悪廃止されなかねません。

去年は新型コロナウィルスの影響で、すかいらーくも大きな打撃を受けたため、去年の9月に優待カードの金額が年6,000円から4,000円に改悪されました。

去年の変更なので、この変更にはコロナの影響を折り込んでいるため、この先すぐに改悪される事はないとは思いますが、注視する必要はあるかもしれません。

以上、家族で外食する時の助けになる、すかいらーくの株主優待についてでした。

-未分類
-, ,

© 2021 父ブログ Powered by AFFINGER5