アイテム

子育てや危機管理に使える監視カメラのATOMは絶対使えるツール

 

 

悩む人
小さな子どもがいるパパママは常に子どもの安全に気を配らないといけなくて気が休まらないよ。

 

 

そんなパパママにオススメしたいのがATOMのカメラです。

 

 

実は2児の父親である私もゴリゴリに使っている監視カメラです。

 

 

監視カメラを探しているならまずはATOMを試してみて!
マサ

 

 

子育て世代にオススメしたいATOM

 

 

ATOM Cam

 

 

ATOM Cam

サイズ:5センチ×5センチ×5.6センチ

重さ:約100g

価格:2,500円(税込)

 

 

ATOMのオススメする理由は3つあります。

 

 

子育てで助かる色々な感知機能

 

 

1つ目は子育てで必要な機能を充分に搭載していることです。

 

 

例えば、寝室にATOMを設置すれば、寝室で子どもが泣いていることをATOMが音声検知を利用してスマホに通知できます。

 

 

また、1人で起きて部屋から出てきたことを動体感知から検知することも可能です。

 

 

動くものに反応するため、人以外にペットにも対応が可能

 

 

これにより、2階の寝室で寝ていた子どもが勝手に起きて、部屋から出て階段から落下することなんかを防ぐことができます。

 

 

ポイント

音声検知と動体感知から赤ちゃんの見守りにピッタリ!

 

 

もちろん、電気を付けていない暗闇の中も赤外線ナイトビジョンを搭載しているのでくっきりハッキリ見ることが可能です。

 

 

赤外線で監視が可能なので暗所でも大丈夫

 

 

鍵っ子に関しては玄関にATOMを設置しておけば、子どもが帰ってきたことを動体感知から確認することもできるので、仕事中に通知を確認することも可能です。

 

 

防犯カメラとしての機能も充実

 

 

2つ目は防犯にも利用が可能です。

 

 

ATOM CamはAI分析で動体感知などに対応

 

 

ATOMを玄関やリビングが映るようにおいておけば、もし空き巣に入られたときのデータは基本的にクラウド上に保存されるので貴重な捜査資料になりますし、家の中からカーポートなどが見えるのであれば、家の内外の防犯カメラとして利用できます。

 

 

また、本格的な屋外での撮影の場合はATOMCam2は利用してみてください。

 

 

防水・粉塵対応のATOM Cam2は屋外対応

 

 

▶︎ATOM Cam2の購入はコチラから(amazonへ)

 

 

ATOMCam2は本格的な防水・防塵(IP67)の機能を備えているため、カーポートや郵便受けなどの取付けても性能的に問題ありません。

 

 

ポイント

ATOM Cam2の機能は屋外用の監視カメラ機能も兼ねているため、子育てにも防犯にも利用可能。

 

 

また、カラーナイトビジョン機能が撮影されているので、暗闇の中でに色彩の優れた画像を見ることができます。

 

 

充実の機能に反する驚きの価格

 

 

3つ目はこれだけの機能がある中での安さです。

 

 

楽天とアマゾンで調べてみると、防犯カメラ関連の商品はかなりの高額です。

 

 

今のところ、防犯カメラは単価が1セット4万円前後とかなりの高額なので、この価格の高さが防犯カメラの普及率の低さの理由の一つだと言えます。

 

 

しかし、このATOMは第1世代のATOMCamが2,500円、第2世代のATOMCamは2,980円とかなりの安価で誰でも手に入れることができます。

 

 

▶︎ATOM Camの購入はコチラから(amazonへ)

 

 

1キット約3,000円程度の防犯カメラなら、まずは1個だけの導入みたいな感じで始めやすいですよね。

 

 

もちろん、金額が安くても機能や耐久性に全く問題ありませんw。
マサ

 

 

私のATOMの利用方法

 

 

すでATOMユーザーの私の運用方法は、玄関にATOM Camを1台(子どもの帰宅の管理)、リビングにATOM Camを1台(定点観測用)、2階寝室の出入り口と階段の間が見えるところにATOM Camを1台(子どもの起床の確認)、屋外のガレージにATOM Cam2が1台(車の監視用)の、合計4台を稼働させています。

 

 

我が家のATOMの設置状況

ATOM Cam:玄関、リビング、2階階段付近

ATOM Cam2:屋外ガレージ

 

 

これだけ設置していれば一般的な家庭の生活スペースはほぼほぼカバーできます。

 

 

しかも、費用は4台購入しても約13,000円とかなり安価です。

 

 

▶︎ATOM Camの購入はコチラから(amazonへ)

 

 

ATOMを利用する際に注意してほしいこと

 

 

サイズは小型でとても軽いので設置する場所は選ばない

 

 

安い!賢い!使いやすい!なATOMCamですが、注意するべきこともあります。

 

 

まずは電源ケーブルについてですが、ATOMCam、ATOMCam2については有線の電源ケーブルが必ず必要です。

 

 

よって、設置場所の近くにコンセントがあるかどうかを確認する必要があります。

 

 

注意ポイント

有線のみの稼働のためコンセントが必要

 

 

続いて、プライバシーの問題です。

 

 

ATOMは撮影した動画をサーバーにアップして任意の部分を保存しているので、自宅のリビングに設置する場合などは家族に了解を得る方がいいと思います。

 

 

もちろん、サーバーにアップしているデータは暗号化されて、他人が閲覧不可の状態で保管されているので安心して下さい。

 

 

また、ATOM CamとATOM Cam2との違いは、完全防水・防塵とカラーナイトビジョンがあるか否かなので、室内で使用する分にはATOM Camで充分だと思います。

 

 

屋外で使用するのであれば、ATOM Cam2をオススメします。

 

 

ATOMを利用する際のまとめについて

 

 

▶︎ATOM Camの購入はコチラから(amazonへ)

 

 

今回は小さな子どもがいるパパママに向けて子どもの見守りを自動化できるATOMについて紹介しました。

 

 

子どものために必要な安全や安心を確保するのは親の務め。

 

 

ぜひ、ATOMを上手く利用してみてください。

 

 

-アイテム
-,

© 2021 父ブログ Powered by AFFINGER5