トライオート

トライオートの自動売買で自動資産運用

全自動でETFの取引が可能なトライオート

FIREに向けて積立NISAの設定をしたあなた。

FIREのための一歩を踏み出しましたが、積立NISAだけではFIREが難しいことは理解できたと思います。

そこでオススメしたいのが収益力抜群の自動売買ツールのトライオートです。

トライオートの仕組み

トライオートはインヴァスト証券が提供する自動売買ツールです。

自動売買ツールとは、予めルールを設定しておけば、あとは勝手にシステムが取引をしてくれるもの。

一つ一つ、スマホやPCの前で作業をしなくて済むので、子育てに仕事に忙しいパパにはピッタリな資産運用なんです。

このトライオートにはFX(為替取引)とETF(上場投資信託)があって好きな方で自動売買が可能です。

トライオートの実際の運用結果

例えば、コレ↓は私のトライオートETFの運用成績ですが、20211月から10月までの10ヵ月の運用成績は約90万円です。

10ヵ月で90万円の不労所得はデカイ!

運用資金は約250万円なので、単純に年利は約30%

積立NISA等にある一般的なインデックスは年利5%程度なので、その収益力の高さを理解してもらえると思います。

すごーく単純な計算ですが、年間支出が300万円程度の家庭なら、1,000万円の運用資金があれば事実上、FIRE達成ということです。

もちろん、年利30%は絶対的な数値ではないですが、運用資金が1,000万円とかなら、なんとかなりそうな金額に思えてきますよね。

少額から自動売買をトライオートで始めてみよう

最初は少額の運用資金からで構いません。

例えば、お小遣いレベルの5万円くらいでも全然OKです。

最初は小さく始めて慣れたら徐々に大きくしていけばいいいんです。

私は2020年11月に、まずは50万円の運用資金でトライオートを始めてみて、11月12月と2万円以上の運用益を得ることができたので、1月から運用資金を250万円に増やしました。

少しお小遣いをかき集めて、ココ↓から口座を開設してFIREに向けてトライオートを触ってみてください。

▶︎トライオートETF

-トライオート
-, ,

© 2021 父ブログ Powered by AFFINGER5